上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |

  
塚田詰将棋代表作―昭和の名匠・塚田正夫の傑作選202題塚田詰将棋代表作―昭和の名匠・塚田正夫の傑作選202題
(1999/04)
塚田 正夫

商品詳細を見る



この本に出会ったのは、20代の半ばぐらいだったと思う。

当時は個人的にも人生の岐路の一つであった。

どうにもうまくいかないことが重なっていたのだ。

そんな時にはじめて本格的に読んだ詰将棋本である。

詰将棋の中には、いかにも持ち駒が多くて解けそうになく難しいのだが、しかしまあ、「これだけあればそりゃあ詰むんだろうけどなあ。」と感覚的に思ってしまうものがある。

しかし、氏の作品は違うのだ。

初見は、持ち駒も少なく、配置も簡素、いかにも詰められそうな作品なのである。

そして、自分の頭で解こうとするが、どう考えても解けない。

そのうちに、今度は本当に「これだけの持ち駒で詰むのか。いやこれじゃあ詰まないんじゃないのか。」と疑わしく思ってしまうのだ。

当時は初心者でもあり、5手詰めに1時間以上取り組んでも解けなかった。

そして、泣く泣く答えを見る。そして愕然とし、感嘆する。

どうやっても掴まえられそうにない玉が、思いもつかない妙手でぴったりと掴まる。

どう頑張っても手の届かない場所に、たった一つの好手段でたどり着けるのだ。

当時は、ちょうどそんな手を探していた時期であった。そして今もまた。

この本の中に出てくる塚田正夫栄誉十段の言葉。

「妙手は一つあればいい。」

と言う言葉が深く印象に残っている一冊である。

スポンサーサイト
2009年02月16日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 将棋 | Top↑ |
BANT002.gif

BANT005.gif

「角行」と「飛車」の駒の利きである。

駒の位置付けからすると「銀将」がチェスのビショップ、「香車」がチェスのルークにあたるらしい。

しかし、動き方としては、「角行」がチェスのビショップ、「飛車」がチェスのルークと全く同じになっている。

これを重ね合わせると下の図になる。

BANT004.gif

ここで赤の部分を塗りつぶすと、5マス×5マスの正方形ができる。

つまりビショップとルークの動き、プラス、この赤の部分の動きとですべてをカバーすることになる。

そしてこの赤の部分がチェスの「ナイト」の動きであり、将棋ではそのうちの前方のみ2つの利きが「桂馬」の動きということになる。

赤の部分は8つある。なので「ナイト」は八方桂とも言われる。

これが円の動きになっているというのだ。

×字の動きと、十字の動きと、そして円の動き。

「桂馬」という駒は一見ユニークに見えて、実は一番自然に近い動きなのかもしれない。



参考になった本。
将棋の駒はなぜ五角形なのか―西遊記で解く将棋の謎将棋の駒はなぜ五角形なのか―西遊記で解く将棋の謎
(2003/04)
永松 憲一

商品詳細を見る










2009年02月15日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 将棋 | Top↑ |
BANT001.gif


将棋の小駒の動きを図にしてみた。

将棋の小駒は前に進む特性が大きい。

西洋将棋のチェスでは桂馬に当たる「ナイト」が八方に動けるのに対して、将棋の「桂馬」は前方のみへ2箇所。

「金将」は、前3箇所+横2箇所+後ろ1箇所の動き。「銀将」は、前3箇所+斜め後ろ2箇所の動き。

「歩兵」は一歩前へ、「香車」は前方へどこまでもだ。

そこで、将棋の格言が出てくる。

『金は 引く手 に好手あり。』

前ばかりではない。時には引くことも大切なのだ。










2009年02月13日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 将棋 | Top↑ |

大人になってから、再び将棋に惹かれるようになったが、しばらくは観戦派であった。

テレビで将棋番組を観たり、詰め将棋本を読んだりである。

中でも『将棋年鑑』で、プロの対局棋譜を2年間分ぐらい、ひたすら並べていたことがあった。

プロの棋譜を並べて、いろんな定跡や手筋に出会うと、なんだか自分も強くなれたような気になるから面白い。

最近は、便利になったもので、ネットで将棋観戦ができる。

タイトル戦の将棋など、無料でリアルタイムで、そして解説コメント付きで観れるのだ。

また有料ではあるが、名人戦棋譜速報で順位戦、名人戦の棋譜が観られる。

今ではそれらを楽しみにして観ている。


2009年02月09日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 将棋 | Top↑ |
日常の挨拶が苦手だ。

だから、コミュニケーショにおいてはいろいろと損だ。

でも、将棋の対局の時は挨拶をする。

始める前に、『よろしくお願いします。』

終わって負けたら 『負けました。』

勝ったら、『ありがとうございました。』

いわゆる、『礼に始まり、礼に終わる』というやつだ。

だからといって、あからさまなハキハキ声ではない。

ぼそぼそと言う。



2009年02月05日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 将棋 | Top↑ |
将棋の駒にはひとつひとつに特性がある。

昔、『将棋年鑑』の、プロ棋士のアンケートで、「自分を将棋の駒に例えると何か。」といったような質問があった。

さて、自分は何だろうと。金底の歩かな、とも思ったが。

『歩兵』  コツコツとあくまでもゆっくりと一歩ずつ進む。

『香車』  猪突猛進タイプ。

『桂馬』  一見ユニークに見られがちだが、実際は?

『銀将』  前に後ろに軽いフットワーク。柔軟性がある。

『金将』  攻めにも、守りにも、とにかく堅実派か。

『玉将』 真の絶対の存在は、行動力に制限がつく。

『と金』  努力晩成型。

『角行』  物事を斜めから見るのがうまい。

『飛車』 正統派ではあるが、斜めからの攻めには案外弱い。

『龍馬』  攻めにも 守りにも力を発揮する万能タイプ。

『龍王』  まあ、ヒーローかな。こんな奴めったにいないだろ。


ある棋士が、『駒余りの歩』と答えていた。なるほどなと思った記憶がある。

つまりは、駒がなくなった時のためのスペアーだ。

誰かが出て行くまでは、決して出番は回ってこない。そして駒箱の中にしまわれる。

このブログのタイトルである。






2009年02月04日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 将棋 | Top↑ |

記憶が定かではないが、将棋のルールは小学3,4年の頃に覚えたと思う。

覚えてからすぐに指すのが楽しくなったが、まさに初心者同然で弱かった。

確か指し友達が一人いて、覚えたての穴熊なんかをやっていた記憶がある。

しかしすぐにその友達が転校してしまい、指す相手がいなくなってから自然に指さなくなった。

そして、ふたたび将棋に興味を持つようになった時は、もう二十歳を過ぎていた。

テレビでタイトル戦をやっていたのを見たのがきっかけだ。

今思うと、もっと小さい頃に打ち込んでいればなあと思う。

そしたら、今よりもっと強くなっていたのになあ。

頭の中で、盤上の駒の配置が、ぱぱぱっと変化する。プロなら当たり前のように出来るらしい。

頭の中だけで将棋が指せるのだ。

それをできるようになりたいのだ。 



2009年02月03日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 将棋 | Top↑ |

今日は将棋道場に行ってきた。

成績は最初3連勝、あと2連敗。うーむ。

道場はほとんど年輩のおじさんばかり。まあ、私もいいおじさんだが。

女の人は残念ながら一人もいない。綺麗な女の人と指せないのは本当に残念だ。

中には小学生の子供もいる。そして、子供だからといって油断は出来ない。

将棋の強い子は大抵小学生ぐらいで、もう大人のおっさんを負かすのだ。

私も時々やられる。

いやはや、若いって良いなあ。



2009年02月01日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 将棋 | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。