上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |

記憶が定かではないが、将棋のルールは小学3,4年の頃に覚えたと思う。

覚えてからすぐに指すのが楽しくなったが、まさに初心者同然で弱かった。

確か指し友達が一人いて、覚えたての穴熊なんかをやっていた記憶がある。

しかしすぐにその友達が転校してしまい、指す相手がいなくなってから自然に指さなくなった。

そして、ふたたび将棋に興味を持つようになった時は、もう二十歳を過ぎていた。

テレビでタイトル戦をやっていたのを見たのがきっかけだ。

今思うと、もっと小さい頃に打ち込んでいればなあと思う。

そしたら、今よりもっと強くなっていたのになあ。

頭の中で、盤上の駒の配置が、ぱぱぱっと変化する。プロなら当たり前のように出来るらしい。

頭の中だけで将棋が指せるのだ。

それをできるようになりたいのだ。 



スポンサーサイト
2009年02月03日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 将棋 | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://syoutaman.blog81.fc2.com/tb.php/7-fd73c9e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。